排水管更生のメリット

排水管更生は、排水管の錆や汚れなどをキレイに取り除いて、錆を防ぐコーティングを施すことにより排水管の寿命を延ばす措置のことです。排水管は給水管よりも腐食が早く、内部が詰まると排水の流れが悪くなって悪臭が発生したり、さらには排水が逆流してしまうことも起こりえます。とくにマンションなどの集合住宅の場合は、一つの部屋で起こった排水管の詰まりによって、周りの部屋などにも影響が出てしまう場合があるため、計画的な修繕が必要になります。老朽化により錆びや汚れが酷くなった排水管は、新しく取り替えることが望ましいと言えますが、その工事は大規模なものになってしまいます。そこで便利なのが、比較的少ない負担で済む排水管更生の工事です。とくに大規模なマンションになると、交換の工事に手間と日数がかかってしまいますが、排水管更生であれば、一日で済ますことが可能ですし費用も安く抑えることができます。

排水管更生の知識とメンテナンス

マンションやアパート等において集合住宅において配管材は種類も多く、配管方式や用途、部位、環境などによって使い分けられています。年代による使用管種や品質、仕様、施工方法も様々です。これらの配管や設備は使用していくうちに老朽化は避けられない状況です。特に炭素鋼管(SGP)を母材とした配管材は腐食等による老朽化が見られます。配管の老朽化の現象としてはどのように出てくるのかと言うと、給水管においては、腐食による赤水の発生や、錆こぶやスライムの付着による水の流量の低下、配管からの水漏れがあります。排水管において、排水があふれることや、排水の流れの悪さ、排水口から嫌な臭いがする、腐食によって漏水が発生する等が起こります。メンテナンスの手段として、給排水管更生技術があります。老朽化により、すべて取り換えなくてはならないのかと言うとそうでもなく、技術の進歩により、現状のままで、管再生工法によりリニューアルすることが可能です。

古くなった排水管は排水管更生

私たちは毎日水道を活用する生活をしているので、排水管も毎日使っていることになります。毎日の料理にお風呂にと私たちと水が切り離す生活は出来ません。当然排水管はいつかは劣化していきます。排水口からゴボゴボと音が出たり、悪臭が出たりしている場合は、排水管が老朽化したり詰まっている可能性があります。本来古くなった排水管は新しく取り換えて再使用ができますが、やはり費用が掛かってしまいます。工事の際は大きい音が出るので、近所の方にも配慮してもらわないといけません。そのため、排水管更生をすることで排水管内をクリーニングし、本来の機能を回復することができます。また、工事の費用や手間も大幅に省けるのが排水管更生のメリットです。最近では専門の業者も増えてきているので、選ぶ際はちゃんと信頼できる業者にしましょう。